人気ブログランキング |

カテゴリ:美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)( 7 )

日課。

 下北時代、大変お世話になったお店。

 手作りだけど、たっぷり寝かせたお蔭で酸味の結構効いた、餃子。
すっかりご高齢になられたご主人が、重たい中華鍋をブンブン振って炒めた、炒飯。

 歴史を吸い込んだ、ツルツルの床(笑)。
年期の入った立派な熊の置物。

 間違った日本語だが、まさに「決して色褪せない、マンネリズム」。
日々繰り返される、変わらない日課のような風景がここには在る。



e0104399_1732140.jpg



e0104399_1732643.jpg



e0104399_17321358.jpg



e0104399_17322068.jpg



e0104399_17322711.jpg


by alull | 2015-01-23 23:31 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

鉄板三品。

 此方も思い出の店
先月復活の再訪を果たして以来。

 往時から鉄板であった、”ねぎま”、”大山鶏の唐揚げ”に、前回食感動した”親子丼”が加わりそうな勢い。
いやいや、往時の一鉄板であった”焼きおにスープ”を忘れる訳には行くまい。
再訪を期し、食べ比べを誓った次第。



e0104399_16134846.jpg



e0104399_16135556.jpg



e0104399_1614146.jpg


by alull | 2014-12-09 23:13 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

草木も靡く勢い。

 下北時代、ワシらの胃袋を満たしてくれた、思い出の一軒。
当時は現店舗より新代田駅寄りに店を構えていて、確か店名は現店名と異なり、
”ニンニク・ラーメン”が最高に美味しかったのだが、集客はやや苦戦気味で、
隣の空きテナントで惣菜屋さんとかも営まれるなど、試行錯誤されていたのを思い出す。
 それが、点心と担担麺を売りにした現店名に業態変更されてからは、
草木も靡く勢いでいまや七店舗にまでご発展。

 ひさびさの本店、やっぱり賑わっていました。
韮饅頭、担担麺。往時に思いを馳せ、戴いた次第。
 ますますのご発展を祈念。



e0104399_1610215.jpg



e0104399_1610845.jpg


by alull | 2014-12-05 23:55 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

思ひ出の店。

e0104399_20413437.jpg
 下北時代、足繁く通わせて貰った焼き鳥屋さん。
安くて、美味しい、最高のお店だった。
あれから十余年、思い立って環七のバスに飛び乗った。

 お通しは今も変わらない、生キャベツのざく切り。
オリジナルの合わせ味噌は変わらず絶品。
量が少し減ったのは、時代の趨勢か。




e0104399_20414380.jpg
 当時、会社で此方のことを皆に自慢したら、上司に鼻で笑われた。

「ブロイラーの鶏を使ってるから安いんだよ」

 食べてもいないのに、ふざけんなよ、
と思いながらも、抗弁できない自分がいた。



e0104399_20425324.jpg
 いま思えば、料理の味は殆ど食材で決まる、というのは正論だ。
でも、飲食も商売もそれだけじゃないだろうと思ってい
た当時のワシの思いを、訳知り顔で否定した「大人」の上司のひと言は
今でも忘れられない。



e0104399_20424421.jpg
 仕事では青臭く正論をかざして突っかかっていたのに、
何とも情けない若き日の蹉跌。



e0104399_20421940.jpg
 時は流れ、ワシも色々なモノを食した。
世の中はとても広くて、上には上がいることも知った。



e0104399_2043226.jpg
 でも、此方は十余年、多くの贔屓筋を抱え、
脈々とこの地に根付いている。
 一方、大人の上司が関わった事業の幾つかは、だいぶ前に廃業した。
 この事実が、真理なのだと思う。




e0104399_2042934.jpg
 唯一、産地が謳われている、”大山地鶏の唐揚げ”
ワシの中では未だに、世界一。



e0104399_20435164.jpg
 型破りだけど、絶品な、”親子丼”
猿之助曰く、

「型破りとは、型を知っているからこそ効果がある。
型を極めず、勝手に自己流に走るのは、
ただの『型なし』という行為に過ぎない」
 
 この一品はきっと「極めたからこそ」の丼なのだと思う。


by alull | 2014-10-14 23:41 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

思ひ出の店

e0104399_20445666.jpg
 大衆割烹を軽く済ませて向かった先は、下北時代の思ひ出のお店。
手前は焼き鳥屋さんで、奥がラーメン屋さん。
今回伺ったのは奥のお店。
 何年振りかな。



e0104399_20482521.jpg
 「餃子」
 大量に仕込んで冷凍するので、少し「酸味」が効いているのが特徴。
今宵は仕込んだ直後か、あまり酸味は感じされないが、懐かしい味の記憶が甦って来た。

 麦酒のお通しの「若布」も全く往時と変わらない。
ただ、これ、ワシはちと苦手なので、これが好きな妻が殆ど食べてくれる。



e0104399_20485126.jpg
 奥で仕込みをしていた女将さんが、ワシらを思い出してくれた。
いやいや、何か、嬉しいモンですな(´ー`)
 感激して、お酒まで頼んでしまったり。



e0104399_2049726.jpg
 「ソース焼きそば」
炒飯か味噌ラーメンかで迷ったが、妻所望の此方に。
ご主人の中華鍋を振るう腕前は健在。
 おいしかった(´ー`)

 どうか、いつまでもお元気で、お店を続けて戴ければと存じます。
次は絶対に炒飯か味噌ラーメンだな。


by alull | 2013-12-28 23:00 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

昼から飲み放題。

e0104399_1127984.jpg
 「空き皿や、兵どもが、夢の跡」。
昼から飲み放題があるなんて。
良いお店です。



e0104399_11272035.jpg
 猫の街、豪徳寺。
公園の造形からも、それが窺える。
しっかし、すごい貫禄である。


by alull | 2013-09-26 23:27 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)

初心を忘れる。

e0104399_22462350.jpg
 この日の三軒茶屋から世田谷線界隈は有名な「ボロ市」で大賑わい。
そんな日に限ってウオーキングに出掛けた、間の抜けたワシら ε-(´・`)

 目当てにしていたラーメン屋さんは当然大行列 ε-(´・`)
仕方なく喧騒を逃れるため、世田谷区内を北上。
で、辿り着いたのが、5年振り位に再訪のお店。



e0104399_2246294.jpg
 昼時を外れた時間帯なのに結構お客様は来店されているけど、
お店の雰囲気は往時の好きだった頃にあらず、すっかり惰性営業モード。

 麺は超柔らかかったし、スープもしょっぱかったし。
なんか勿体ないし、好きなお店だっただけになんか虚しいな。




by alull | 2012-01-28 00:20 | 美味礼讃(世田谷代田/梅が丘)