人気ブログランキング |

店名の由来が気になる...

おらい(中目黒)

目黒銀座商店街にて良い和食処、発見。

「魚家」の店名通りにメニューは魚が中心。
美味くて、安い。
(美味いが先に来るのがポイント)
googleでもyahooでもほとんどヒットしないので、まだまだ穴場なのか。


ここはチョットした酒の肴がともかく良かった。

「タコの七味柚子和え」
「えんがわキムチ」
「ナスの煮浸し」等など

小鉢に丁度よい量が添えられて、ほとんどが390円也。
これだけで麦酒が、焼酎が進むってもんだぁ(・∀・ )っ/凵⌒☆。


「お勧め刺身の2点盛り」
 鯛とホウボウは程よい脂。
 付け合せの海藻のりがシャキシャキして美味い。

「10種類の温野菜のサラダ」
 これは嫁さん好みの品。
 赤玉葱が甘くて美味しい。

最後は久々に焼き魚とご飯、味噌汁のパターンで〆。

お通しもないし、ホントに美味くて安かった。
いいね、此処。


e0104399_1154127.jpg
「えんがわキムチ」と「ナスの煮浸し」
by alull | 2007-05-31 08:45 | 美味礼讃(中目黒)

気持ちよく晴れて、爽やかだった週末の空に浮かんでいたのがこれ。

e0104399_1044397.jpg


某通販会社のロゴが入った飛行船。
風に流されながら、都内の空を行ったり来たり。

「飛行船が飛ぶなんて、景気が上向いてきた証拠かな」などと
思っていたら、、、
昨晩丸の内方向に「光る飛行船」を確認。
遠くて良く分からなかったが、同じ飛行船なのかな?

週末の昼間は住宅街上空を飛び、平日夜はオフィス街に現る。
バブリーとも云えるけど、とても効率的。
現れると誰もが空を見上げるのが飛行船。
イメージ(企業名)の刷り込むには最高の販促ツールに違いない。

怖いんだろうなぁ~、
風で超揺れるんだろうなぁ~、などと思ってはいるが1回は乗ってみたいもんだ。
by alull | 2007-05-29 10:48 | 日々徒然

ウォッカで乾杯

東京優駿、日本ダービー。

ウオッカが見事に載冠。
牝馬の優勝は何と64年振り。
昨年のディープ同様に世界を目指して欲しい。
斤量的にも優位だしね。

御前競馬で首相も観戦。
総理は「競馬は人生の縮図である」というヘミングウェイの
言葉をなぞらえ、自己を奮い立たせたらしいが。。。
by alull | 2007-05-28 20:07 | 日々徒然

台東区にて。

「安くて大量」がキーワードの上野アメ横。

そんな上野へ出掛けたおり、遅い昼飯で時々利用するのここ。

e0104399_15202313.jpg


普通サイズのゆうに3~4倍のデカさの餃子は圧巻。
下手にラー麺にも手を出すと食べきれない程である。

仕事中(もちスーツ姿)なのに、つい一緒に生麦酒なんかを頼むと、
お店のニーチャン達が「あれっ、いいの~昼間から」とニヤニヤ。
人間どうも自分と同じ臭いを嗅ぎ取ると、仲間意識が芽生えるらしい。
ニーチャン達のニヤニヤからはそんなメッセージが汲み取れる。

デッカイことは良いことだ。
昼間の麦酒は最高だ。
by alull | 2007-05-26 15:20 | 美味礼讃(上野/御徒町)

新宿区にて。

老辺餃子館(新宿)

新宿にある餃子をメインに掲げた中華料理店
「老辺餃子」なる餃子を日本で唯一食べれる(姉妹店も含めると2店舗)。
うんちくはこちらで。

スタッフは殆ど中国の方々で、サービスもほど良く大陸風。
まさに異国ムードたっぷりである。

ここの名物のひとつは、巨大なビアグラス。
男性にはデカくて重い金魚鉢風のグラス、女性には細長く背が高いグラスで供される。
果たして量は同じなのだろうか?
毎度思うことなのだが、片方を飲み干して、そちら手をつけていない分を注いで
検証をしようと思っても、お互いすぐ飲んでしまうのでやりようがない(´ ▽`)

餃子は一通りあるのだが、いちばんは「蒸し餃子」。
餃子は餡が違えば形も違い、見た目からも中国四千年の歴史を感じられる(誇大表現)。
餡の具は、しいたけ・トマト等の野菜とかに・貝柱などの海鮮を中心に約10種類ほどから選べる。
蒸篭の蓋を取り、餃子のモチモチ皮を破ると、餡から具の味がブレンドされた肉汁がジュッと飛び出してくる。
この肉汁の味がたまらないのだ。
2個で420円とお高いのが難点だが、セットで頼むと幾らかお得。

焼き餃子もこの前初めて食す。

e0104399_21153794.jpg


こちらは4種類の餡があるけど、選べない。
形もすべて一緒なので、どれがどの餡なのか全く分からない。
人間細かいことは気にするな、という説法だと思うことにしましょうか。
焼き餃子は油が多め。ちと気になる。


因みにここと同じビルの上階に同人誌系のショップがあり、
階下でエレベーターを待っていると必ずその手の方々に遭遇する。
餃子で異国ムードを味わい、さらに独特なオリエンタルムードも味わえます(汗)
by alull | 2007-05-25 21:15 | 美味礼讃(新宿)

世田谷区にて。

東京餃子樓

三軒茶屋で人気の餃子専門店。
おぉ、HPもリニューアルされてるし。

東京帰還後の初訪問の前回は、改装中で振られてがっくり...orz

リベンジを期し、改装後初訪問。
折からの雷雨で店内は比較的空いている(因みに店まではタクシー乗車 *'-'*) 。

奥にあった仕込み用の厨房兼事務所?はテーブル席に。
その分カウンター厨房も長くなり、一部のカウンター席が無くなっていた。
どうも増席がメインの改装だったみたい。

スタッフも一新されていた。
接客が悪いとかではなく、オープンキッチン故に耳に入ってしまうスタッフ同士の
やりとりで一部不快な方々が以前はいたけど、居なくなっていた。


メニューは変更なし。
変に欲張らず、引き続き餃子メインで勝負する姿勢が感じられ、とってもグッド。

サイドメニューのキャベツ、キュウリを摘みながら麦酒を。
定番の焼きニラを3皿(1皿食べ終わるごとにオーダーするのが肝)。


ここの餃子はごくごく普通。
キャベツ・ニラ・ニンニクが入り、薄めだけどしっかり焼いてある。
シンプルで美味しく、そしてとってもお安い(1皿290円)のが
人気の秘訣だと思ふ。

しかし、嫁さん曰く、

「ここは『ラー油』も美味い」w( ̄Д ̄ w

e0104399_1245628.jpg



ラー油入れの底に沈殿している唐辛子をすくって、
写真のように撹拌させるのがポイント、ラー油自体は少ないほうがベスト、、、らしい。
確かに大量に入れてもそれほど辛くなく、唐辛子の風味が餃子に合う合う。

嫁さん曰く、
「是非、売って欲しい」

ラー油で嫁さんがご機嫌になるのなら。。。
社長さん、ぜひお願いします。
by alull | 2007-05-24 12:45 | 美味礼讃(三軒茶屋)

芋焼酎を…、

昨晩はあるブログで気になっていた池尻大橋の和食ダイニングへ。

池尻大橋(おわん)

濃いタレに負けない円やか食感の「馬刺し」。
全て嫁さん好みの野菜が入った「水ナスのサラダ」。
ジュシーな「黒豚焼売」。
牛肉比率が高い「牛肉コロッケ」。
オーダーが入ってから焚く「金目鯛の釜飯」。

どれも美味しい。
酒がとっても、進む、進むのだ(・∀・ )っ/凵⌒☆
薄いグラスに注がれたビールが最高。
 量がもっとあればさらに最高。





で、最近夫婦共共、



『○○(芋焼酎の品名)をロックで』
になってしまった(//∇//)

 注)美味しい肴と好きな芋焼酎。両方兼ね備える店限定。

元々わしらは「水割り派」
酒に強い訳ではないのに飲むのは大好きなので、
「水割りで薄めて大量消費」が定番であった。

転向のきっかけは先日訪れた小料理屋。
お母さんが作る粋な肴でチビチビ゙瓶麦酒を呷っていると、
主人風のおぢちゃんが現れ、もう一組のお客さんに酒に対する強い拘りを説き始めた。
なにせ狭い店なので、聞いているわけでもないのに、耳に入ってきていたので、
いざ焼酎に移る段になって、
「あんなに酒にこだわっている店で水割りなんか頼んだら失礼ぢゃないのか?」
「ひょっとしたら怒られるんぢゃないか?」と不安になりロックで注文..・ヾ(。><)

  佐藤黒1,000円。
  「なんか焼酎は高いなぁ」と思っていたら、コップになみなみつがれて供され仰天。
  この量なら1,000円で納得。
  安いくらいだね。

んで、おぢちゃん・お母さん・もう一組のお客さんとなんかのきっかけで会話が
始まり、いつの間にかお互い芋焼酎を3杯完飲。
思ったほど酔わなかったことに変な自信を持ち、「ロックで」に相成った次第。


てな訳で昨晩もロックを3杯。
大満足でお店を後に。
また来ます。
あ、件の小料理屋もね



某居酒屋(上目黒)


焼酎はロックですな( ̄^ ̄)
by alull | 2007-05-23 12:49 | 美味礼讃(池尻大橋)

大衆酒場とは

桜の季節、目黒川の桜並木が望めるガラス張りの2階席が有名な大衆居酒屋。
中目黒界隈ではあちこちで見かけるので、商魂逞しく多店舗展開しているようだ。

今回は平日夜に祐天寺の支店へ。

大樽(祐天寺)

狭く短い急階段を登っていても、店内からの喧騒は聞こえず、意外に静かである。
大衆酒場というのはこんなに静かだったろうか?
(静か→客がいない→美味くない)の方程式が一瞬頭をよぎり不安になるが、
意を決して店内へ。
 ま、そこまで大袈裟ぢゃないけど(´~`ヾ)

意外に広い店内。
4.5組の先客ありで、一人で飲まれている方もいらっしゃる。
静かだったのは、酒の進みがもう一息の感じもするけど、たまたま静かに飲む方々が
集まっているだけなようだ。
たぶん金曜日とかはもの凄くうるさいんだろうなぁ。




ビニールのテーブルクロスは所所破れており、ガムテープで補修してある。
素敵だ。
嫌いじゃない、この雰囲気。




生大と生中の値段が100円しか違わない。
大ですね、やっぱり。

刺身は烏賊が品切れで、鯵のタタキを。
他に定番の白子卸し、煮込み、揚げ物各種、焼き物各種。

あれれ、鯵のタタキは細切りされて大量の生姜が添えられているのみ。
ん~、これはこれでまずまず美味しく食べれるので不満はないが。

揚げ物には必ずサラダ菜とキャベツが添えられるので、
サラダのオーダーは不要だ。


どこかのレビューで見た通り、良くも悪くもお味は「学食」のイメージ。
肴の単価はほぼ500円前後なので、もう少し値段か味で努力していただければなと。
味付けは相当濃い(だから酒が進む進む 苦笑)


でも会社帰り、軽くつまみながら飲むには最適のお店だと思ふ。
( ^_^)/q□☆□p\(^_^ )
by alull | 2007-05-22 12:41 | 美味礼讃(祐天寺/蛇崩)

暮れなずむ街

爽昧な朝に始まり、ほんとに清々しい1日だった。

そんな雰囲気に反し、午後イチに馬券購入。
結果は撃沈=○)゜o゜)☆



落ちた気分を解消すべく、爽やかな風景を肴に麦酒を⊂(¬^*) 

夕暮れ前、穏やかな空
e0104399_10212865.jpg



ゆっくり染まり始める
e0104399_10213833.jpg



強烈な西日が眩しい
e0104399_10215047.jpg



日が沈んでもまだまだ明るい
e0104399_1022053.jpg



薄暮に浮かび上がった三日月と金星。
e0104399_10221343.jpg




東京の夕景も捨てたもんじゃない。


by alull | 2007-05-21 10:23 | 日々徒然

プロ根性

先日ロチを病院に連れてく際に嫁さんはタクシーを使った。
そん時の運チャンがなかなか揮っていた。
そのネタを。

断りを入れてから乗ったら猫を乗せるのはこの日2回目だったらしい。
重なるときはそういうものなのね。
ま、ここまでは普通。



さてこの運チャン、踏み切り待ちがえらく嫌いらしく一旦停止をした
前の車に舌打ちし、一旦停止は不要である持論を展開。
さらに警笛が鳴り始めた踏切に当たり前のようにアクセルを
踏み込んで見事に通過したナイスな御仁だったそうな。
あなたのプロ意識と見事なテクニックに乾杯( --)/U

でも踏み切りは一旦停止する場所ですから( ̄△ ̄;)
by alull | 2007-05-20 11:53 | 日々徒然