人気ブログランキング |

コンニチワ

基本的にタワーのハウスには入らないこのシト


一寸入れて見たら、すかさずこの表情


e0104399_17182392.jpg



この時期なら中で丸まればいと暖かいと思うのですが...
by alull | 2007-12-20 17:15 | 猫様(我家の王様)

※残念ながら、閉店されました※

箱根湯本の定番


またまた行っちゃいました

というか、毎回訪れる定番のお店


e0104399_1751598.jpg

穴子から右回りで、鰺、平目、魴鮄、石鯛、勘八、金目鯛


e0104399_1752738.jpg

玉子から右回りで、赤貝、かわはぎ、エンガワ



も、最高
by alull | 2007-12-16 01:13 | 美味礼讃(箱根/小田原)

仙石原の定番

仙石原の″肉″


点在する美術館、

白湯の温泉、

金時山の登山口、

そして、秋のススキと名所見処がたくさん


しかし...




遠い!



足がないワシらはバスかタクシーでしか行けない場所


しかも湯本からは軽く30分は掛かるので、おいそれとはいけない




でも...



訪れたら必ず伺うのが、こちらあちら


両店は通り1本挟んでお隣同士で、徒歩10秒の距離


扱っているモノは似通ってますが、それぞれヒジョーに美味しい


Beerがすすんで、すすんでしまって、もう...


e0104399_170580.jpg



店内で味わえるあちらはあちらにて一休み
by alull | 2007-12-15 01:44 | 美味礼讃(箱根/小田原)

「新宿 → 箱根湯本」の定番

e0104399_1631046.jpg


駅弁でも、お茶でもない

ロマンスカーVSE、Beer、崎陽軒のシュウマイ、明太子チーカマ

B級の味が何故か旅情を高めるのだ

だから行き限定の味なのである
by alull | 2007-12-14 01:30 | 美味礼讃(箱根/小田原)

追い掛けて、強羅

温泉の楽しみと云えば、夕食の懐石料理

実はここの料理長を追いかけて、今年はこちらの宿を選んだ次第

早めのチェックインだったので、1Fの椅子席の食事処ではなく、

2Fのお座敷個室が抑えられた、ラッキー!

さてと...

続き...
by alull | 2007-12-13 01:30 | 美味礼讃(箱根/小田原)

温泉とDNAの関係

ワシ敬愛してやまない俳優の一人、

トミー・リー・ジョーンズ師曰く、

この惑星の住民は、なぜ温泉と呼ばれる液体に入ると、
「生き返るね~♪」と、言うのだろうか?



師よ、

温泉の歴史は、日本の歴史

日本最古の歌集である「万葉集」にも史実として記されている(らしい)

そう、温泉は日本人のDNAの一部であり、

日本人が欲さずにいられない「命の液体」なのだッ








さて、史実科学的考察は置き(汗)、

年末は1年間の慰労を兼ね、箱根の温泉宿で過ごすのを常としている

今年はこちら

e0104399_1502955.jpg


ご機嫌で大浴場へ向かうワシ


入浴時の感想はお約束...

続き...
by alull | 2007-12-12 01:30 | 旅徒然

葡萄酒

梯子酒


最後は、饂飩屋さん向かいのこちらと、

其処から徒歩15秒のあちらにて、


ワイン何ぞを...


珍しく優雅なワシら



最近飲み干したワイン達(シャブリにはまっとる)

e0104399_1675324.jpg

by alull | 2007-12-11 01:03 | 美味礼讃(家)

コシvs喉ごし

比較的食の好みが似ているワシら夫婦であるが、好みが相容れないモノも多々ある



饂飩と云えば、、、



ワシ、「讃岐」

嫁さん、「稲庭」





そう、

コシvs喉ごし


ワシは硬めで、噛んで、汁や薬味と一緒に味わいながら食べるのが好み

嫁さんは、麺本来の風味と喉ごしを味わうのが好み





それ故、饂飩を一緒に食べに行くコトは殆どなかったのだが、

梯子酒で、一杯どころか5、6杯ひっかけて、お互いいー気分

細かい事は気にせず、どちらかというと池尻大橋にほど近いこちらで〆を



豊前房(中目黒/池尻大橋)




九州風饂飩を供する

「うどんカフェ」∑( ̄ロ ̄|||)

珍しいコンセプトであり、確かに内装インテリア類は婦女子が集いそうなカフェスタイル





でも、饂飩は温冷揃い、摘み、焼酎なども揃う本格派

昆布出汁のおつゆが沁み入りますぅ...

どちらかというと讃岐に近い饂飩だったけど、

美味いおつゆ、風味の良い黒七味に、嫁さんも満足そう

いやいや、

目出鯛







先客が一組だけだったのに、


その後わらわらと婦女子が集まりだし、


漢ひとりぼっちのワシは尻がムズムズし始めた


パンパンのお腹を擦りつつ家路へ...

(;¬_¬)怪しい...(続く)
by alull | 2007-12-10 01:10 | 美味礼讃(中目黒)

ナイスな串揚げ屋さん

梯子酒二軒めは、一軒めのお隣

殿金(中目黒)

ここの一角はソソル飲み屋さんの集合体


目指せ、完全制覇!!(感嘆符入り)



前から行きたかった「串揚げ屋」
念願叶って初訪問

何故?
それわね、言い辛いのだけど、





このところ嫁さんが「立ち飲み拒否モード」だったんで...




まぁ、それはそれ、こちらは、暖簾をくぐると、奥まで伸てるカウンターが目に入る
黒いTシャツに頭にタオル巻いたいでたちの若いニーさん達がキビキビ動いており、よいかんじ


ここの油は「米油」をブレンドしているとかで、胸焼けしないのが自慢とか
でもねー、揚げ具合も良いけど、何と言ってもネタがみんな美味しいのですよ

e0104399_113621.jpg


串は1本80円から

しかもっ!

この日のサービス品のピーマンは1本10円ですよ!

さらにっ!

「なんぼ食べてもええで」

ってキャベツ食べ放題なんて...落涙

e0104399_1132080.jpg


ハム串、うますぎッ

e0104399_1134287.jpg










あ、ソースの2度付けは禁止ですよ

「二度づけあかん!!」

ね、感嘆符が2つも付いてるんですから




梯子酒、最後は〆に
by alull | 2007-12-09 01:34 | 美味礼讃(中目黒)

刺身の食感は...

※渋谷へ移転されました※


中目黒駅南側、

「目黒銀座商店街」界隈は兵揃い

その濃さは、一本路を奥に入れば、さらに深まる



久し振りの梯子酒

先ずは一軒目



根室食堂(中目黒)




安くて、新鮮な魚貝が頂けるという立ち飲み屋さんへ


開口一番

「狭い」

聞いてはいたけど、

まるで来る者を拒むかのような狭い間口

奥の座敷に行くには、カウンターお客さんの背中を

すり抜ける必要がありそう



そうなのだ、

これがここ独特の「濃さ」なのである




「生白子」

ここのは「生」でいただける

出てきたそれは、ほんのりピンク色

湯通しする前の色はこうなのね

少し新鮮味が欠ける気がしたけど、あっさりした味がポン酢に合う





「ミル貝」刺身

白子でも感じたのだが、


本来の新鮮な食べ方はこうなのかも知れないけど、


もう少し冷やした方が食感も良くなると思った次第


好みの問題もあるけど、


この後の焼魚とか、箸休めの品が良かっただけに


ちと勿体無い気がするなぁ











梯子酒、二軒目へ
by alull | 2007-12-08 01:40 | 美味礼讃(中目黒)