人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

後悔の念。

 酒肴○
九ヶ月振りの後悔を晴らすべく、佳肴を喰いに喰ったり。
M氏、飄々の体は相変わらずだが、余裕というか、貫録が出てきた感。
馳走様、次の機会は年末のご挨拶ですな。



e0104399_1754042.jpg



e0104399_1754683.jpg



e0104399_1755693.jpg



e0104399_176272.jpg



e0104399_1763961.jpg



e0104399_1764521.jpg



e0104399_1765311.jpg



e0104399_177958.jpg



e0104399_1771548.jpg



e0104399_1772365.jpg


by alull | 2014-11-30 23:04 | 美味礼讃(徒然)

水分補給。

 ひさびさ、新宿でお買い物。
初冬の乾燥した街中を歩けば、当然喉も乾くわけで。

 金魚の水槽みたいなグラスは男性用。
屹立しているグラスは女性用。
 
 麦酒の友は、これも此方の名物の”蒸し餃子”
来る度に書いているが、”海鼠”の復活を切に切に願う次第。



e0104399_1634547.jpg



e0104399_16335396.jpg


by alull | 2014-11-29 23:25 | 美味礼讃(新宿)

懐古の情

 戦後、日本人の貴重なタンパク質源であった、鯨肉。
刺身は初体験かも知れないが、むかし給食で竜田揚げを度々食したものだ。
ワシらの世代では一種の馳走でもあった。
 とわいえ、苦手な方も少なくないようで。
懐古の情にかれらながら、一人で残り全てを受け持った次第。



e0104399_15482191.jpg



e0104399_15482795.jpg



e0104399_15483619.jpg


by alull | 2014-11-28 23:47 | 美味礼讃(徒然)

申し分なし。

 小憩続くも、過度な期待を慎めば、申し分なし。
緩い空気が漂うなか、佳肴を友に愉しんだ酒酒酒。
大変馳走でございました。



e0104399_1533266.jpg



e0104399_15333359.jpg



e0104399_15334062.jpg



e0104399_15334834.jpg



e0104399_15335416.jpg


by alull | 2014-11-27 23:33 | 美味礼讃(三軒茶屋)

初物と卒業。

 此方は”ちゃんこ鍋”が名物。
移転前の三宿時代に食した思い出が浮かんだが、昼の深酒明けに付き、酒肴までで終った宵。

 初物の”せいこ蟹”。旨かったなあ...
そして、この鯵にけっして罪は無いのだが、青魚の刺身から卒業した宵でもあった。



e0104399_15595422.jpg


e0104399_16064.jpg


e0104399_1602551.jpg


e0104399_1603418.jpg

by alull | 2014-11-26 23:58 | 美味礼讃(三軒茶屋)

鴨と饂飩。

 寒くなると、鍋恋し。
季節感での節理ですが、鍋は家で食すことは多くとも、外ではあまり食べない。
食べるとしても、だいたい小鍋仕立てとかの、小振りの献立が多い。
昨晩も記したが、ワシらは少しずつ色々戴きたいので、鍋の優先順位は冬でも高くないのである。

 んで、今宵の主役は、定番の”マグロアボカド和え”や、焼き牡蠣”大振りの”焼き牡蠣”も良かったのだが、
誰が何と言おうと(言う筈もないのだが)、”鴨鍋”である。

 さっと煮込んだ鴨肉を一心不乱で頬張り、残った鴨の出汁が浸み出た鍋汁は、
料理長お勧めの”饂飩”を、撮影も忘れ一気にズズズと戴いた次第。
いやいや、至極尤も、いわずもがなの美味しさでございました。



e0104399_17583130.jpg



e0104399_17583720.jpg



e0104399_17584330.jpg



e0104399_17585418.jpg



e0104399_1759693.jpg


by alull | 2014-11-25 23:58 | 美味礼讃(下北沢)

三吉。

 仙台での夕餉は”おでん”。

 周辺は飲食店が多い歓楽街。
三階まである大箱のお店だが、開店早々だったので、
労せずしておでん桶が俯瞰できるカウンターに着座。

 少しずつ熱々のうちに戴きたかったので、妻とひと皿をシェアしようとしたら、随分と不思議がられた。
皆さま、各々ひと皿で食べるのだろうか?
だとしたら、仙台の方々は相当の大食漢か(あくまでもワシの腹具合基準)、おでん好きか。

 とわいえ、意外と上品なお出汁のおでんを堪能した次第。
次回は一品料理とかお鍋も戴ければ。





e0104399_204645.jpg
大根、とうふ”、こんぶ。



e0104399_2041463.jpg
いいだこ、はんぺん、ごぼう巻き。



e0104399_2042571.jpg
わらび、さんまのすり身。



e0104399_204312.jpg
じゃがいも、竹の子、にらたま。

 おお、「にらたま」は変わりダネ。
なんというか、茶碗蒸しみたいだ。





by alull | 2014-11-24 23:50 | 旅徒然

霞む山間にて。

 今旅情での最大の目的地。

  ”ニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所”

 けっしてブームに乗った訳はないので、念のため
山崎蒸留所よりも深い山間にあるが、拓かれた敷地で広く空が望める。
降り続く氷雨で霞む池には白鳥がたたずみ、なんとも絵になる景観。
e0104399_14103611.jpg



行き帰り乗せて貰ったタクシーの運ちゃん曰く「もう雪が降る」とのこと。
寒い訳だ。実際約一か月後には沿線の仙山線が雪で立ち往生というNewsが。



e0104399_14114883.jpg



e0104399_1412062.jpg



 ひとしきり場内を見学してからのお愉しみも、たっぷりと満喫。
ウヰスキーは常飲しなくなって久しいが、焦がすような喉ごしは変わらず刺激的である。
ワシ的には、やや力強い”宮城峡12年”の方が好みかな。
ウヰスキーは呑み過ぎると後が大変なので、ほどほどに。
 さて、次は余市か、白州か。



e0104399_14132210.jpg



e0104399_14133592.jpg


by alull | 2014-11-23 23:04 | 旅徒然

名物。

 仙台といえば、ワシ的には”牛タン”
妻が家族で訪れたという穴場のお店へ。

 銀行へ寄る妻から並ぶように言われていたのだが、
お店は路地裏の二階という立地にあり、並ぶ必要なしと高を括っていたら、なんと満席。
罵られたのは言うまでもない訳で...orz

 色々顛末はありましたが、”牛タン””テールスープ”とも、大変美味しゅうございました。
 終わり良ければすべて良し、とうことか。
  ※「言葉の使い方が違う!」という声には聞こえないフリ...



e0104399_1339039.jpg



e0104399_1339855.jpg


by alull | 2014-11-22 23:21 | 美味礼讃(徒然)

rainbow.

 いざ、杜の都へ。
道中ずっと虹が追掛けてきた。



e0104399_1331453.jpg



e0104399_1332490.jpg


by alull | 2014-11-21 23:00 | 旅徒然