人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

目標設定。

 今年は三度目の訪問で幕。
やはり杉並区丸の内沿線は、世田谷から悠遠である。
そんな戯言を呟かないよう、来る年は少なくとも四季に一度は訪れたい。

 馳走様でした。
夫婦お二人でどうか末永く。

 暮れの元気なご挨拶はこれにて終了。
皆々様、良いお年を。



e0104399_1714795.jpg



e0104399_1715291.jpg



e0104399_1715776.jpg



e0104399_172354.jpg



e0104399_1721074.jpg



e0104399_1721665.jpg



e0104399_1722365.jpg


by alull | 2014-12-30 23:01 | 美味礼讃(徒然)

胃腸が悲鳴。

 温泉慰労以降の暴飲で、妻の胃腸が悲鳴を上げた。
とわいえ、納めのご挨拶を怠る訳にも行かず。
控えめな献立で一年を納めた次第。
そう。来春は新たな大衆割烹が顔見世なのだな。



e0104399_170739.jpg



e0104399_1701465.jpg



e0104399_1702075.jpg



e0104399_1702713.jpg



e0104399_1703419.jpg



e0104399_1704342.jpg


by alull | 2014-12-29 23:59 | 美味礼讃(下北沢)

祈念。

 ”すり流し” ”昆布〆” ”ぬた和え”

 どれも此方のご主人が得意とする酒肴。
それでいて、毎回趣向が異なるので、当然目と舌が嬉々とする訳で。

 贔屓筋が増え、障壁が高くなって久しいが、
それでも空席があれば、その末席に着かせて戴きます。
来年もご活躍を。



e0104399_16574033.jpg



e0104399_16574736.jpg



e0104399_16575363.jpg



e0104399_1658186.jpg


by alull | 2014-12-28 23:57 | 美味礼讃(徒然)

味付けって、何だっけ。

 そうそう、金平の味付けって、かくあるべきだよなぁ。

  ...(回想)

 ふと、色んな意味で、独りごちた次第。
今年も馳走様でした。

 さて、二軒目へと。



e0104399_1656215.jpg



e0104399_16561158.jpg



e0104399_16561981.jpg



e0104399_1656274.jpg



e0104399_16563464.jpg


by alull | 2014-12-27 23:55 | 美味礼讃(三軒茶屋)

思ひ出の宿。

 二人だけの気侭な夫婦だった頃は方々旅したものだが、
世も色々と物騒となり、家族となった王様が発症してからは彼が第一となったことで、
長旅にはトンと出なくなった。
 長くても「独りをご満喫戴く」という(至極勝手な)口実で一泊するのがせいぜい。
自ずと訪れる場所が限られ、定番化しつつある昨今。

 そんな口実の下、年末は”温泉で慰労”が年中行事に。
妻が「にごり湯」好きなので、此処数年は箱根の強羅・千石原方面で寛いだのだが、
今年はン十年振りで湯河原にある「思ひ出」の割烹温泉旅館へ。
 訪れたのはブログ開設前だったので、隔世の感。

 昔日、あの宮沢りえサンが此方で入浴された写真が雑誌に掲載され、
彼の秋元康氏が訪れた記事も掲載され、話題となっていた。
ワシらには色んな意味で敷居が高かったが、思い切って訪れて大変満足した記憶が今でも甦る。
贅を尽くした料理、内線を掛けて「はい、○○様」と、名前で呼ばれたのも初体験であった。
当然再訪を期していたのだが、あっという間に予約が取れない超人気宿となり、過ぎ去りしン十年。

 今年は一念発起して、三ケ月前に予約して(戴いて)訪れた次第。
料理長も変わられ、宿も増改築されていたが、静かでゆったりとした雰囲気は往時のまま。
料理は期待し過ぎた感もあるが、不足などあろうはずもなく。
それだけワシらの舌が肥えた証左だなと、一人ごちた次第。
 一年の労、しっかりと癒させて戴きました。


 さて、温泉帰りの宵から怒涛の”暮れの元気なご挨拶”へ突入...( ´~)◇y



e0104399_1546204.jpg



e0104399_15462792.jpg



e0104399_15494882.jpg



e0104399_1546361.jpg



e0104399_15464320.jpg



e0104399_15471093.jpg



e0104399_15471785.jpg


by alull | 2014-12-26 23:19 | 美味礼讃(徒然)

坦々やきそば。

 冬の相模湾の車窓を愛でながら、いざ、湯河原へ。

 湯河原は”坦々やきそば”がご当地名物とな。
店毎に味付けや材料に趣向を凝らしていて、それぞれで違ったひと皿が愉しめるらしい。
 
 ワシらは駅至近の中華料理店で「お野菜ふんだん系」を戴いた。
激辛でなく、ピリリと辛い。割と後からジワジワと。
結構ボリューミーで二人でひと皿で充分。
 お店自慢で拘りの「餃子」も中々でございました。

 こういうお店は絶対近所にあると大変嬉しい。
でも、呑みメインの常連が幅を利かせ過ぎていないのが、絶対条件。

 さて、蜜柑の樹を愛でながら、いざ、目的地へ。



e0104399_1449137.jpg



e0104399_1449865.jpg



e0104399_14491538.jpg


by alull | 2014-12-25 23:48 | 美味礼讃(人類は麺類)

食べ納め。

 駒込にて、”暮れの元気なご挨拶”
お世話になりました。また、来年。



e0104399_19294064.jpg


by alull | 2014-12-22 23:27 | 美味礼讃(人類は麺類)

ナイショ。

 内緒の店にて、”暮れの元気なご挨拶”
おせわになりました。また、来年。



e0104399_200029.jpg


by alull | 2014-12-20 23:59 | 美味礼讃(徒然)

また、寄り道。

 いやね、下北から歩いて帰ってきたら喉が渇いてさ。
余り戴かず、ゴメンナサイ。
とわ言いながら、日本酒二合。



e0104399_19364052.jpg




e0104399_19364775.jpg


by alull | 2014-12-18 23:33 | 美味礼讃(徒然)

一寸だけ冒険。

 焼き油揚げ、ベーコンとジャガイモのハラペーニョ炒メ。
此方では絶対毎回外せない献立。
今宵も舌鼓を打ちつつ、一寸だけ冒険も。

 ”馬刺し” ”仙台麩の玉子綴じ”
うんうん、こりゃ中々である。

 確固たる持論が確立されているご主人と、黙々と調理されている板長さんの酒肴を堪能。
年内は恐らく今宵で最後。
お世話になりました。また、来年。



e0104399_1945578.jpg



e0104399_195265.jpg



e0104399_195892.jpg



e0104399_195147.jpg



e0104399_1952063.jpg



e0104399_1952882.jpg



e0104399_1953885.jpg



e0104399_1954589.jpg



e0104399_1955153.jpg


by alull | 2014-12-17 23:04 | 美味礼讃(三軒茶屋)