人気ブログランキング |

タグ:箱根/小田原 ( 9 ) タグの人気記事

旅の仕上げ

e0104399_2149556.jpg
 帰路につく前に喉を潤しに。
呑んでばかりですみませぬ。



e0104399_21491279.jpg
 此方の″湯葉″は、とっても、とっても美味しいのだけど、
接客がまったくなっちゃいない。蜘蛛の巣まで垂れてるし。
とっても、とっても、勿体ない。



e0104399_21491955.jpg
 帰り前にちょっと鉄男になる。
≠≠[ 。□□□ 。][ 。□□□ 。]≠≠ 
″箱根湯治旅″、これにて終了。


by alull | 2012-02-11 00:05 | 美味礼讃(箱根/小田原)

御土産、三番勝負

e0104399_2148357.jpg
 仙石原にある”手作りハム&ソーセージ″のお店。
旨いのです、ここのが。
店内でサンドイッチ風で麦酒と共に戴けるのも、いと嬉し。
勿論お土産も購入済。



e0104399_2148998.jpg
 バスで下ってきた塔ノ沢ににある
″鯛めし″が有名なお店。
此方ではお土産の弁当を購入(予約がお勧め)。

 嫁が厠をお借りしたら、
サッと写真の茶請けとお茶を出して戴いた。
素晴らしい、おもてなし。感動だ。



e0104399_21481570.jpg
 歩いて函嶺洞門を抜け、箱根湯本へ降り、
″すり身団子″が有名なお店へ。
ワシは玉ねぎ派、嫁はゴボウ派。
”某所″で買い求めた麦酒と共にツマミ食い。
旨しでアル☆


by alull | 2012-02-10 00:48 | 美味礼讃(箱根/小田原)

旅の一齣。

e0104399_21463941.jpg
 宿の敷地内にニャンコが。
こんな山奥まで流れてきたとは思えないので、
宿で放し飼いにしているのかな?



e0104399_21464689.jpg
 ロビーの大きな薪ストーブ。
実際に使われるのだろうか?



e0104399_21465676.jpg
 仙石原の薄野。
タクシーの運ちゃん曰く、
「今年は震災の影響で野焼きが出来なかったからイマイチ」
確かに雑草が多いし、背も少し低い気がした。
難しいのだね、自然の摂理は。


by alull | 2012-02-09 00:16 | 旅徒然

温泉懐石~後編。

e0104399_21384147.jpg
 ″造里″
牡丹えび、平目、中トロ



e0104399_21384842.jpg
 ″サーロインステーキ″
椎茸、栗麩、紅茄子、酢橘



e0104399_21385935.jpg
 ″蕪風呂吹き″
柚子味噌掛け、車えび、胡桃、パプリカ

 他に食事(ぢゃこ混ぜ御飯、汁、漬物)、
口直しのシャーベット、水菓子と甘味が。
満腹でございます。歳なのか、食べれなくたってきたな。



e0104399_2139872.jpg
 こちらは″朝御飯″
至って、到って、普通でございました^^;
温泉宿の朝はどこもこんな感じですな。


by alull | 2012-02-08 00:40 | 美味礼讃(箱根/小田原)

温泉懐石~前編。

e0104399_21361760.jpg
 温泉旅館の愉しみは、やっぱり食事。
ですが、3ヶ月前の記憶なので、さすがに味はうろ覚え^^;
「旅の記録」という意味で写真掲載。

 ″栗の白和え″
  牛蒡、松の実、おろし柚子



e0104399_21362462.jpg
 ″芹かに合え″
  松茸、菊花、いくら



e0104399_21363025.jpg
 #器
 ″鴨ロース″
 ″茄子南蛮漬け″
 ″オクラ″
 
 #天紙
 ″揚栗″
 ″銀杏″
 ″むかご″
 ″団栗玉子″
 ″かに″



e0104399_21363776.jpg
 ″雲丹豆腐 吉野仕立て″
  蒸し雲丹、叩き海老、紅葉麩、三つ葉


by alull | 2012-02-07 00:36 | 美味礼讃(箱根/小田原)

一軒宿

e0104399_21184170.jpg
 泊まったのは「森の中の一軒宿」
鬱蒼と樹木が生い茂っている。



e0104399_21182146.jpg
 選んだ決め手はこの「お湯」
濁り湯が好きなんだな、特に白湯が。
源泉掛け流しは嬉しいのだが、温度が高く、
水で冷まさないといけないのがちと面倒くさい。



e0104399_21185698.jpg
 湯上りに小腹が空いたので、
夜食用に買ったサンドイッチをツマミ食い。


by alull | 2012-02-06 00:38 | 旅徒然

箱根路。

e0104399_21145335.jpg
 旧聞ですが、昨年錦秋時の″箱根湯治旅″の記憶を。
別名″暴飲暴食の旅″とも言いますが^^;

 いま調べて驚いたのだが、
箱根を泊まりで訪問するのは何と約四年振り!
奴が家族になってからめっきり訪問回数が減ったのだな。
今回は一泊旅なので、奴は家で留守番。すまぬ、許せ。



e0104399_21145916.jpg
 宿に乗り込む前に腹ごしらえ。
プツプツと短く切れてて見た目は悪いが、
蕎麦にしては結構コシがあってワシ好み。
ツマミは「蕎麦味噌」だけというの直球勝負の店。
サッと食べるにはなかなかな蕎麦屋さんでございました☆



e0104399_211551.jpg
 蕎麦屋での会計時、
主人に今宵の宿を問われ答えたら、

あ~、歩いて15分位かな。
腹ごなしに歩いていきなよ
と言われた。

 ...おぢさんの言うことを聞かなくて良かった。
タクシーで約10分。歩道がなく、アップダウンが激しい。
 ...たぶん1時間以上は歩かされたな。

 さて、今回の部屋は建てて間もない新館。
寂れていなくて綺麗である。
 炬燵か、懐かしいな。
貧乏な頃の生活がふっと頭に甦った(遠い目)。




by alull | 2012-02-05 00:15 | 美味礼讃(箱根/小田原)

海岸にて

鮨の後は腹ごなしに小田原海岸(御幸ノ浜)

e0104399_11311136.jpg


目の前に拡がるのは、相模湾

洗われますなぁ~
by alull | 2008-01-14 01:45 | 旅徒然

温泉とDNAの関係

ワシ敬愛してやまない俳優の一人、

トミー・リー・ジョーンズ師曰く、

この惑星の住民は、なぜ温泉と呼ばれる液体に入ると、
「生き返るね~♪」と、言うのだろうか?



師よ、

温泉の歴史は、日本の歴史

日本最古の歌集である「万葉集」にも史実として記されている(らしい)

そう、温泉は日本人のDNAの一部であり、

日本人が欲さずにいられない「命の液体」なのだッ








さて、史実科学的考察は置き(汗)、

年末は1年間の慰労を兼ね、箱根の温泉宿で過ごすのを常としている

今年はこちら

e0104399_1502955.jpg


ご機嫌で大浴場へ向かうワシ


入浴時の感想はお約束...

続き...
by alull | 2007-12-12 01:30 | 旅徒然