人気ブログランキング |

タグ:酒と肴 ( 109 ) タグの人気記事

撃沈。

 内緒のお店にて。

  ”槍烏賊煮”

 ただただ、呻くのみ。
ポン酒が進み過ぎて、撃沈。



e0104399_1622929.jpg


by alull | 2015-02-11 23:50 | 美味礼讃(徒然)

揚げ物好き。

 天麩羅のナショナル・チェーンにて。
店内は老若男女問わず、大賑わい。
日本人の揚げ物好きを改めて認識した次第。



e0104399_19423422.jpg


by alull | 2015-01-31 23:41 | 美味礼讃(三軒茶屋)

謹賀新年。

 謹賀新年。
年始は基本、家にて酒盛りの日々。


 知る人ぞ知る、御節。

 ポン酒は”楯野川”と”菊姫のにごり”を薩摩切子で呑る。

 雑煮は妻の実家仕様で具沢山。

 

今年も溺れず、少しでも成長できればと。



e0104399_1835180.jpg



e0104399_184342.jpg



e0104399_1841434.jpg


by alull | 2015-01-02 23:57 | 美味礼讃(家)

蕎麦の茎。

e0104399_18262760.jpg
 昨年OPENした蕎麦屋さん。

 半地下の店内はカフェ風の内装。
プロジェクターの映像が打ちっ放しのコンクリート壁に映し出されている。
 しゃれおつ。
でも、ちと、違和感。

 照度も低いため、画像は補正してもこの通り。



e0104399_18292239.jpg
 ポテサラ。
赤紫なのは、なんと「蕎麦の茎」
妻の感、当たる。

 茎とは、へー、珍しい。
駄舌のワシには、あまり風味が感じられず。
いたたた。



e0104399_18293646.jpg
 鴨ロース。
これも確か独特のタレが掛かっていた気が。
ただ、うろ覚え。違うかも。



e0104399_18351164.jpg
 戴いたポン酒たち。
鍋島さん、いらっしゃったのですね。



e0104399_18351992.jpg
 せいろ。
太めで、食感、喉ごしが良い、蕎麦。

 妻はまずまず気に入ったみたいだが、
ワシは創作性溢れてる分、いまいち整理ができていない感覚。
も一度うかがってみないといけないな。
by alull | 2014-02-02 23:20 | 美味礼賛(松蔭神社/世田谷/上町)

彼の有名な。

e0104399_15574570.jpg 彼の有名なベルクさん、初訪問。
まさに、うなぎの寝床。
ちょっとワシには落ち着かないかな。

 ひさびさの新宿を歩き回り、
カラカラに乾いた喉を潤した昼下がり。

by alull | 2014-01-10 23:53 | 美味礼讃(新宿)

恵比寿にて。

e0104399_173146100.jpg
 この日は今年最後の祝日。

 恵比寿麦酒記念館も年内最後の訪問。
今年も結構お世話になりました。
ド定番のスタウトで乾杯。


by alull | 2013-12-23 23:30 | 美味礼讃(恵比寿/目黒)

煮浸し。

e0104399_17394424.jpg 「姫竹(いたおろし)と油揚げ(三四郎)の煮浸し」。

 竹がどうにも固い。後日いたおろしさんで伺ったら、
「煮過ぎると逆に固くなりますよ」との事。
ほほう。またひとつ知識が増えた。日々成長が嬉。



by alull | 2012-06-24 00:40

芥子漬け。

e0104399_1736874.jpg 東北の山菜・キノコ、漬物が並ぶ「いたおろし」さんの『胡瓜の芥子漬け』。
絶妙な辛さと食感。酒肴にも良いけど、白い御飯でも良いかな。


by alull | 2012-06-23 00:35 | 美味礼讃(徒然)

ハタハタ。

e0104399_228181.jpg ハタハタの秋穂(しゅうすい)漬け。

日本酒主体のタレに漬け込んだ一品。

意外にも軽い風味。醤油をかけたい誘惑に駆られた次第。

by alull | 2012-06-18 01:13 | 美味礼讃(徒然)

夏季限定。

e0104399_21542579.jpg 崎陽軒の夏季限定"いかシウマイ"

 この写真だと全然旨そうに見えませんが、冷やして山葵醤油で戴くと麦酒がとってもススム君


by alull | 2012-06-14 00:52 | 美味礼讃(徒然)